喪中はがきを郵便局で購入するとき、切手を貼る場所に胡蝶蘭が印刷されているハガキになります。これであれば、すでに切手が印刷がされているので、切手を貼るという作業はありませんが、私製はがきの裏面にデザインと文面がすでに印刷されている喪中はがきがあります。私製はがきのとき、切手の印刷が無いため、切手を貼らないといけません。10枚とか20枚であれば、自分で切手を貼ってもいいかなぁと思いますが、これが50枚・100枚・200枚となると切手を貼るのが面倒になります。そこで、料金別納のマークやスタンプ・シールで送ることはマナー違反になるのか調べたので、紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

喪中はがきの続柄の書き方|表記例の早見一覧表

身内や親族の方が亡くなったときに喪中はがきを出しますが、挨拶文として記入するときに年齢や名前、続柄を入れるタイプのものが多いです。市販の喪中はがきは、定形文になっていて、入れたほうがいい年齢や名前、続柄は省かれています。 […]

喪中はがきの差出人の書き方マナー|家族連名・表・裏・子供の名前など

喪中はがきを出すとき、差出人の書き方について悩むことがあります。喪中はがきを送るとき、夫婦であったり、子供がいる家族であったりしますので、差出人に誰の名前を書いたらいいのか分からなくなります。差出人は表に書いたらいいのか […]

結婚する年または結婚後に不幸!結婚報告はがきはどうする?【喪中はがき】

身内に、いつ不幸が訪れるかは分かりません。入院していて、病状が悪いときにはある程度わかることもありますが、突然に訪れることが多いです。そのため、幸せな結婚報告と、不幸があったときの喪中はがきを出すのが一緒の年に重なってし […]

喪中はがきの購入場所や方法|コンビニや郵便局など

家族や親族など身内が亡くなったときに、毎年年賀状をやり取りしている人に喪中はがきを9月頃~12月上旬までに送る必要があります。喪中はがきを購入することは滅多にないため、どこで売っているのか、購入することができるのか分から […]

喪中はがき・切手の種類やマナー|買える場所や料金別納方法

喪中はがきを出すときに、切手が貼られていないハガキを使うことがあります。そのときに、喪中はがきに貼るべき切手の種類やマナーには、どんなことがあるのか知っていますか?葬式に参列してくれた人も含めて、年賀状を毎年出している人 […]

郵便局で喪中はがきを準備する|はがき・切手・テンプレートなど

喪中はがきを用意するときに、どこで買い揃えたらいいのか考えると一番に思いつくのが郵便局です。郵便局で喪中はがきを準備するときは、裏面のデザインやイラスト、文面が印刷されているものと、はがきや切手を買って自分でパソコンで作 […]

喪中はがきで香典返し辞退をするときの文例

喪中はがきを出すと、葬儀をお知らせしていなかった人から香典が送られてくることがあります。香典を頂いたら、香典返しをしなければいけないので負担になることがあります。葬儀に来て頂いた方には、あらかじめお礼状とともに用意してお […]

喪中はがきに写真を入れるときのマナー|デザイン・テンプレート

喪中はがきのデザインやイラストも多様化しており、オシャレなものやスタイリッシュなものが多くあります。文字のフォントも明朝体・行書体・楷書体を使うのがおすすめとされていますが、丸文字やゴシック体などを使った文字で挨拶文や宛 […]

喪中はがきの返信や返事をクリスマスカードでするのはマナー違反?

喪中はがきは12月中旬頃までに届き、一番近いクリスマスのときにクリスマスカードのメッセージとして返事や返信するのはどうなのでしょうか。かしこまった喪中見舞いや寒中見舞いよりも、クリスマスパーティーを開催するのであれば、そ […]

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶すること […]

喪中はがきのマナー|デザイン・写真・ペン・料金別納・コメント・句読点・横書き・書体・文面

喪中はがきは、年賀状と違い毎年出すことがないため、ルールやマナーについて知らないことが多いです。喪中はがきを出す時期は11月~12月上旬までに相手に届くようにします。その理由は、年賀状を作成する前に届くようにするためです […]

喪中はがきの挨拶文作成のポイントと無料の例文・文例

喪中はがきを送付するときに困るのが文面です。「喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます」などという文章がありますが、文面を書くときに注意点やポイントをしっかりと抑えておかないと、あとで恥をかくことになるかも知れませ […]

親族に不幸があったときはどこまでが喪中はがきを出す範囲?

親族や身内に不幸があったとき、年末に発送準備をする年賀状を出すのではなく、喪中はがきを出さなくてはいけません。喪中はがきを準備するときに悩むのが、自分から見て「どこまでの範囲の人が亡くなったときに喪中はがきを出さないと行 […]

相手が喪中のとき結婚報告はがきを出す場合のマナー

結婚式を挙げた年に、相手から喪中はがきが届いたら、結婚報告はがきを送ってもいいのでしょうか?喪中ということは、身近な人が亡くなられて悲しんでいるので、華やかで満面の笑顔の写真、明るく派手め色使いの結婚報告はがきでは失礼に […]

喪中はがきを出そうと思ったら相手も喪中だったときのマナー

身内に不幸があり、喪中はがきを出す時期の10月以降になるのを待っていました。そしたら、相手から先に喪中はがきが届きました。自分も喪中はがきを送ろうと思っていましたが、送ったほうがいいのか、送らないほうがいいのか・・・。喪 […]

喪中はがきで訃報を知ったときの香典やお悔やみの手紙の出し方

喪中はがきが送られてきた人に対しては、年賀状を送ることはしないで寒中見舞いとして挨拶をするのがマナーです。でも、家族葬などで身近な人しか呼ばない葬儀をすることが増え、亡くなったことを喪中はがきで知ることも多くなりました。 […]

喪中はがきが受け取ったときの返事の書き方と例文|出す時期

喪中はがきは11月~12月の上旬ぐらいに届くことが多く、年賀状の準備をする前に送付されてくることが多いです。中には準備が遅くなり、12月中旬以降に喪中はがきが届くこともありますが、喪中はがきが届いたときに、どう対応したら […]

喪中はがきにコメントを一言添えるときの文例・例文とマナー

喪中はがきを出すときの挨拶文は、ある程度決まっているので、定型文のまま送ることが多いと思いますが、喪中はがきに一言コメントを入れたいけど書いていいのか、失礼に当たらないのか、マナー違反にならないのか心配になりますよね。マ […]

喪中はがきの宛名の書き方マナー|薄墨・字体・手書きなど

喪中はがきを出す人は、年賀状をやり取りしている人、年賀状を出そうと思っている人全員に出します。出すときには、相手の郵便番号・住所・氏名を書く宛名印刷が必要になります。この宛名印刷は、コンビニや印刷業者に依頼することもでき […]

喪中はがきの宛名・差出人・連名・続柄・住所の書き方

喪中はがきを出すとき、表面には送付する人の郵便番号・住所・名前(氏名)を書きますが、書くときの注意点やマナーがあります。意外と知らないことがあり、間違ったまま送付してしまうと恥をかくことになりますので、しっかりと確認して […]

喪中はがきを出す時期はいつがいいのか?送付・郵送マナー

喪中はがきは、近親者に不幸があったときに出すもので「新年の挨拶を失礼します」と挨拶状です。そのため、年賀状を作成する、書く前に届くように送るのがいいですが、いつからいつまでに出すべきなのか、12月中旬以降に不幸があったと […]

郵便局で喪中はがきの返事・返信・お返しをするときの選び方

近親者に不幸があり、喪中はがきが送られてきました。喪中はがきをもらった人が取る行動は3つで「何もしない」「喪中見舞いを出す」「寒中見舞いを出す」です。喪中はがきが届いたからといって必ず返事をしないといけないという訳ではな […]

喪中はがきを出すときの例文・文例集|岳父・岳母・死産・2人・家族葬・生前・密葬など

喪中はがきは、年賀欠礼状とも言われ、家族の誰かが亡くなったため、新年を祝うことをせずに喪に服しますという意味があります。裏面にイラストと文面が印刷された喪中はがき郵便局やコンビニ、文房具やスーパーなどで取り扱っているので […]

切手でも料金別納でも大丈夫

126-2

読んだマナーの本には、喪中はがきは料金別納ではなく、切手を貼ったほうがいいとする内容の本と、料金別納でもマナー違反にはならないという本がありました。切手を手で貼ることを考えると、その手間隙と時間は現実的ではありません。お葬式などで忙しいなか、喪中はがきも出すことになるとそれだけで手間です。切手を貼るというのであれば、郵便局にある胡蝶蘭が印刷されたハガキで喪中はがきを作成したほうが楽です。

胡蝶蘭=喪中用というイメージがあることと、花の特徴が優しく見つめているような表情に見えることから定着していったようです。なので、胡蝶蘭を使うことが一般的になっていますが、マナーとして胡蝶蘭が印刷されているハガキを使わなければいけないということはありません。

料金別納のマークやスタンプ・シールを喪中はがきに使うことは、マナー違反にはなりません。マナーとは行儀や作法のことで、喪中はがきを出すこと、返事・返信することについて、きちんとしたマナーが存在するわけではありません。一般常識の範囲で考えると、料金別納でも問題ありませんし、実際に、料金別納スタンプで送られてくる喪中はがきがありますが、だからと言って不快な思いをしたり、なぜ料金別納?と思うことはありません。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

喪中はがきの購入場所や方法|コンビニや郵便局など

家族や親族など身内が亡くなったときに、毎年年賀状をやり取りしている人に喪中はがきを9月頃~12月上旬までに送る必要があります。喪中はがきを購入することは滅多にないため、どこで売っているのか、購入することができるのか分から […]

喪中はがきの差出人の書き方マナー|家族連名・表・裏・子供の名前など

喪中はがきを出すとき、差出人の書き方について悩むことがあります。喪中はがきを送るとき、夫婦であったり、子供がいる家族であったりしますので、差出人に誰の名前を書いたらいいのか分からなくなります。差出人は表に書いたらいいのか […]

喪中はがきのマナー|デザイン・写真・ペン・料金別納・コメント・句読点・横書き・書体・文面

喪中はがきは、年賀状と違い毎年出すことがないため、ルールやマナーについて知らないことが多いです。喪中はがきを出す時期は11月~12月上旬までに相手に届くようにします。その理由は、年賀状を作成する前に届くようにするためです […]

喪中はがきの続柄の書き方|表記例の早見一覧表

身内や親族の方が亡くなったときに喪中はがきを出しますが、挨拶文として記入するときに年齢や名前、続柄を入れるタイプのものが多いです。市販の喪中はがきは、定形文になっていて、入れたほうがいい年齢や名前、続柄は省かれています。 […]

親族に不幸があったときはどこまでが喪中はがきを出す範囲?

親族や身内に不幸があったとき、年末に発送準備をする年賀状を出すのではなく、喪中はがきを出さなくてはいけません。喪中はがきを準備するときに悩むのが、自分から見て「どこまでの範囲の人が亡くなったときに喪中はがきを出さないと行 […]

喪中はがきに写真を入れるときのマナー|デザイン・テンプレート

喪中はがきのデザインやイラストも多様化しており、オシャレなものやスタイリッシュなものが多くあります。文字のフォントも明朝体・行書体・楷書体を使うのがおすすめとされていますが、丸文字やゴシック体などを使った文字で挨拶文や宛 […]

喪中はがきを出す時期はいつがいいのか?送付・郵送マナー

喪中はがきは、近親者に不幸があったときに出すもので「新年の挨拶を失礼します」と挨拶状です。そのため、年賀状を作成する、書く前に届くように送るのがいいですが、いつからいつまでに出すべきなのか、12月中旬以降に不幸があったと […]

喪中はがきを出すときの例文・文例集|岳父・岳母・死産・2人・家族葬・生前・密葬など

喪中はがきは、年賀欠礼状とも言われ、家族の誰かが亡くなったため、新年を祝うことをせずに喪に服しますという意味があります。裏面にイラストと文面が印刷された喪中はがき郵便局やコンビニ、文房具やスーパーなどで取り扱っているので […]

喪中はがきの返信や返事をクリスマスカードでするのはマナー違反?

喪中はがきは12月中旬頃までに届き、一番近いクリスマスのときにクリスマスカードのメッセージとして返事や返信するのはどうなのでしょうか。かしこまった喪中見舞いや寒中見舞いよりも、クリスマスパーティーを開催するのであれば、そ […]

喪中はがきの宛名の書き方マナー|薄墨・字体・手書きなど

喪中はがきを出す人は、年賀状をやり取りしている人、年賀状を出そうと思っている人全員に出します。出すときには、相手の郵便番号・住所・氏名を書く宛名印刷が必要になります。この宛名印刷は、コンビニや印刷業者に依頼することもでき […]

郵便局で喪中はがきを準備する|はがき・切手・テンプレートなど

喪中はがきを用意するときに、どこで買い揃えたらいいのか考えると一番に思いつくのが郵便局です。郵便局で喪中はがきを準備するときは、裏面のデザインやイラスト、文面が印刷されているものと、はがきや切手を買って自分でパソコンで作 […]

喪中はがき・切手の種類やマナー|買える場所や料金別納方法

喪中はがきを出すときに、切手が貼られていないハガキを使うことがあります。そのときに、喪中はがきに貼るべき切手の種類やマナーには、どんなことがあるのか知っていますか?葬式に参列してくれた人も含めて、年賀状を毎年出している人 […]

喪中はがきで訃報を知ったときの香典やお悔やみの手紙の出し方

喪中はがきが送られてきた人に対しては、年賀状を送ることはしないで寒中見舞いとして挨拶をするのがマナーです。でも、家族葬などで身近な人しか呼ばない葬儀をすることが増え、亡くなったことを喪中はがきで知ることも多くなりました。 […]

郵便局で喪中はがきの返事・返信・お返しをするときの選び方

近親者に不幸があり、喪中はがきが送られてきました。喪中はがきをもらった人が取る行動は3つで「何もしない」「喪中見舞いを出す」「寒中見舞いを出す」です。喪中はがきが届いたからといって必ず返事をしないといけないという訳ではな […]

喪中はがきの宛名・差出人・連名・続柄・住所の書き方

喪中はがきを出すとき、表面には送付する人の郵便番号・住所・名前(氏名)を書きますが、書くときの注意点やマナーがあります。意外と知らないことがあり、間違ったまま送付してしまうと恥をかくことになりますので、しっかりと確認して […]

相手が喪中のとき結婚報告はがきを出す場合のマナー

結婚式を挙げた年に、相手から喪中はがきが届いたら、結婚報告はがきを送ってもいいのでしょうか?喪中ということは、身近な人が亡くなられて悲しんでいるので、華やかで満面の笑顔の写真、明るく派手め色使いの結婚報告はがきでは失礼に […]

喪中はがきを出そうと思ったら相手も喪中だったときのマナー

身内に不幸があり、喪中はがきを出す時期の10月以降になるのを待っていました。そしたら、相手から先に喪中はがきが届きました。自分も喪中はがきを送ろうと思っていましたが、送ったほうがいいのか、送らないほうがいいのか・・・。喪 […]

結婚する年または結婚後に不幸!結婚報告はがきはどうする?【喪中はがき】

身内に、いつ不幸が訪れるかは分かりません。入院していて、病状が悪いときにはある程度わかることもありますが、突然に訪れることが多いです。そのため、幸せな結婚報告と、不幸があったときの喪中はがきを出すのが一緒の年に重なってし […]

喪中はがきにコメントを一言添えるときの文例・例文とマナー

喪中はがきを出すときの挨拶文は、ある程度決まっているので、定型文のまま送ることが多いと思いますが、喪中はがきに一言コメントを入れたいけど書いていいのか、失礼に当たらないのか、マナー違反にならないのか心配になりますよね。マ […]

喪中はがきが受け取ったときの返事の書き方と例文|出す時期

喪中はがきは11月~12月の上旬ぐらいに届くことが多く、年賀状の準備をする前に送付されてくることが多いです。中には準備が遅くなり、12月中旬以降に喪中はがきが届くこともありますが、喪中はがきが届いたときに、どう対応したら […]

喪中はがきの挨拶文作成のポイントと無料の例文・文例

喪中はがきを送付するときに困るのが文面です。「喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます」などという文章がありますが、文面を書くときに注意点やポイントをしっかりと抑えておかないと、あとで恥をかくことになるかも知れませ […]

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶すること […]

喪中はがきで香典返し辞退をするときの文例

喪中はがきを出すと、葬儀をお知らせしていなかった人から香典が送られてくることがあります。香典を頂いたら、香典返しをしなければいけないので負担になることがあります。葬儀に来て頂いた方には、あらかじめお礼状とともに用意してお […]

郵便局の料金別納郵便スタンプでも問題ない

結婚式の招待状が送られてくるとき、切手の部分を見ると、よく料金別納マーク・スタンプ・シールが使われていますが、上記でお伝えしたように、喪中はがきに料金別納を利用しても問題ありません。

料金別納を利用するときは、切手が印刷されていない私製はがきを使うことになります。料金別納用マークのテンプレートをダウンロードして、宛名印刷をするときにダウンロードした料金別納スタンプも一緒に印刷すると手間が省けます。料金別納スタンプの表示には、大きさや表示しなければいけない項目があり、それらのルールを守ることで自分で作ることもできます。

自作した料金別納マークは、サイズや掲載方法などに間違いやミスがあると全て受け付けてくれなくなるため、郵送することができなくなってしまうことがあり、面倒なことになるので、表示ルールにあったスタンプをダウンロードして使うか、事前に郵便局に相談して、使えるかどうか確認する必要があります。

料金別納テンプレート無料ダウンロード

料金別納スタンプのシャチハタ式

料金別納の特徴

【投函は窓口のみ】

料金別納にするときはポストに投函することが出来ないので郵便局の窓口に行く必要があります。

【窓口で料金を支払ってから郵送】

郵便窓口で料金別納で送る文の料金を支払うことで、郵送してくれます。

【同じ料金のはがき・封筒が10枚以上必要】

料金別納で送るときは、同一料金のはがきや封筒を10枚以上差し出すことが必要です。普通はがきは同一料金なので、10枚以上送付先があれば、気にする必要はありません。

【切手を貼る場所に料金別納マークが必要】

切手を貼る場所に料金別納のマーク・スタンプを印刷したり、シールを購入して貼る必要があります。スタンプは日本郵便のホームページに見本がありますが、差出事業所名と料金別納郵便と書いた下の空白部分を自由にデザインできるため、故人が好きだったイラストや写真などを入れたりすることもできますし、入れなくても問題ありません。

【線の本数で配達日が異なる】

126-1

差出事業所名の下または上に入れる線の本数によって配達する日が異なります。

1本・・・通常配達

2本・・・3日程度の余裕をもって配達

3本・・・7日程度の余裕をもって配達

という違いがありますが、喪中はがきを送るときは1本でいいです。

料金別納の表示方法

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

喪中はがきに写真を入れるときのマナー|デザイン・テンプレート

喪中はがきのデザインやイラストも多様化しており、オシャレなものやスタイリッシュなものが多くあります。文字のフォントも明朝体・行書体・楷書体を使うのがおすすめとされていますが、丸文字やゴシック体などを使った文字で挨拶文や宛 […]

喪中はがきを出そうと思ったら相手も喪中だったときのマナー

身内に不幸があり、喪中はがきを出す時期の10月以降になるのを待っていました。そしたら、相手から先に喪中はがきが届きました。自分も喪中はがきを送ろうと思っていましたが、送ったほうがいいのか、送らないほうがいいのか・・・。喪 […]

喪中はがきのマナー|デザイン・写真・ペン・料金別納・コメント・句読点・横書き・書体・文面

喪中はがきは、年賀状と違い毎年出すことがないため、ルールやマナーについて知らないことが多いです。喪中はがきを出す時期は11月~12月上旬までに相手に届くようにします。その理由は、年賀状を作成する前に届くようにするためです […]

郵便局で喪中はがきを準備する|はがき・切手・テンプレートなど

喪中はがきを用意するときに、どこで買い揃えたらいいのか考えると一番に思いつくのが郵便局です。郵便局で喪中はがきを準備するときは、裏面のデザインやイラスト、文面が印刷されているものと、はがきや切手を買って自分でパソコンで作 […]

喪中はがきが受け取ったときの返事の書き方と例文|出す時期

喪中はがきは11月~12月の上旬ぐらいに届くことが多く、年賀状の準備をする前に送付されてくることが多いです。中には準備が遅くなり、12月中旬以降に喪中はがきが届くこともありますが、喪中はがきが届いたときに、どう対応したら […]

喪中はがきで訃報を知ったときの香典やお悔やみの手紙の出し方

喪中はがきが送られてきた人に対しては、年賀状を送ることはしないで寒中見舞いとして挨拶をするのがマナーです。でも、家族葬などで身近な人しか呼ばない葬儀をすることが増え、亡くなったことを喪中はがきで知ることも多くなりました。 […]

親族に不幸があったときはどこまでが喪中はがきを出す範囲?

親族や身内に不幸があったとき、年末に発送準備をする年賀状を出すのではなく、喪中はがきを出さなくてはいけません。喪中はがきを準備するときに悩むのが、自分から見て「どこまでの範囲の人が亡くなったときに喪中はがきを出さないと行 […]

喪中はがき・切手の種類やマナー|買える場所や料金別納方法

喪中はがきを出すときに、切手が貼られていないハガキを使うことがあります。そのときに、喪中はがきに貼るべき切手の種類やマナーには、どんなことがあるのか知っていますか?葬式に参列してくれた人も含めて、年賀状を毎年出している人 […]

喪中はがきの続柄の書き方|表記例の早見一覧表

身内や親族の方が亡くなったときに喪中はがきを出しますが、挨拶文として記入するときに年齢や名前、続柄を入れるタイプのものが多いです。市販の喪中はがきは、定形文になっていて、入れたほうがいい年齢や名前、続柄は省かれています。 […]

喪中はがきを出す時期はいつがいいのか?送付・郵送マナー

喪中はがきは、近親者に不幸があったときに出すもので「新年の挨拶を失礼します」と挨拶状です。そのため、年賀状を作成する、書く前に届くように送るのがいいですが、いつからいつまでに出すべきなのか、12月中旬以降に不幸があったと […]

結婚する年または結婚後に不幸!結婚報告はがきはどうする?【喪中はがき】

身内に、いつ不幸が訪れるかは分かりません。入院していて、病状が悪いときにはある程度わかることもありますが、突然に訪れることが多いです。そのため、幸せな結婚報告と、不幸があったときの喪中はがきを出すのが一緒の年に重なってし […]

郵便局で喪中はがきの返事・返信・お返しをするときの選び方

近親者に不幸があり、喪中はがきが送られてきました。喪中はがきをもらった人が取る行動は3つで「何もしない」「喪中見舞いを出す」「寒中見舞いを出す」です。喪中はがきが届いたからといって必ず返事をしないといけないという訳ではな […]

喪中はがきの宛名・差出人・連名・続柄・住所の書き方

喪中はがきを出すとき、表面には送付する人の郵便番号・住所・名前(氏名)を書きますが、書くときの注意点やマナーがあります。意外と知らないことがあり、間違ったまま送付してしまうと恥をかくことになりますので、しっかりと確認して […]

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶すること […]

喪中はがきの購入場所や方法|コンビニや郵便局など

家族や親族など身内が亡くなったときに、毎年年賀状をやり取りしている人に喪中はがきを9月頃~12月上旬までに送る必要があります。喪中はがきを購入することは滅多にないため、どこで売っているのか、購入することができるのか分から […]

喪中はがきにコメントを一言添えるときの文例・例文とマナー

喪中はがきを出すときの挨拶文は、ある程度決まっているので、定型文のまま送ることが多いと思いますが、喪中はがきに一言コメントを入れたいけど書いていいのか、失礼に当たらないのか、マナー違反にならないのか心配になりますよね。マ […]

喪中はがきを出すときの例文・文例集|岳父・岳母・死産・2人・家族葬・生前・密葬など

喪中はがきは、年賀欠礼状とも言われ、家族の誰かが亡くなったため、新年を祝うことをせずに喪に服しますという意味があります。裏面にイラストと文面が印刷された喪中はがき郵便局やコンビニ、文房具やスーパーなどで取り扱っているので […]

喪中はがきの宛名の書き方マナー|薄墨・字体・手書きなど

喪中はがきを出す人は、年賀状をやり取りしている人、年賀状を出そうと思っている人全員に出します。出すときには、相手の郵便番号・住所・氏名を書く宛名印刷が必要になります。この宛名印刷は、コンビニや印刷業者に依頼することもでき […]

相手が喪中のとき結婚報告はがきを出す場合のマナー

結婚式を挙げた年に、相手から喪中はがきが届いたら、結婚報告はがきを送ってもいいのでしょうか?喪中ということは、身近な人が亡くなられて悲しんでいるので、華やかで満面の笑顔の写真、明るく派手め色使いの結婚報告はがきでは失礼に […]

喪中はがきの差出人の書き方マナー|家族連名・表・裏・子供の名前など

喪中はがきを出すとき、差出人の書き方について悩むことがあります。喪中はがきを送るとき、夫婦であったり、子供がいる家族であったりしますので、差出人に誰の名前を書いたらいいのか分からなくなります。差出人は表に書いたらいいのか […]

喪中はがきの返信や返事をクリスマスカードでするのはマナー違反?

喪中はがきは12月中旬頃までに届き、一番近いクリスマスのときにクリスマスカードのメッセージとして返事や返信するのはどうなのでしょうか。かしこまった喪中見舞いや寒中見舞いよりも、クリスマスパーティーを開催するのであれば、そ […]

喪中はがきで香典返し辞退をするときの文例

喪中はがきを出すと、葬儀をお知らせしていなかった人から香典が送られてくることがあります。香典を頂いたら、香典返しをしなければいけないので負担になることがあります。葬儀に来て頂いた方には、あらかじめお礼状とともに用意してお […]

喪中はがきの挨拶文作成のポイントと無料の例文・文例

喪中はがきを送付するときに困るのが文面です。「喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます」などという文章がありますが、文面を書くときに注意点やポイントをしっかりと抑えておかないと、あとで恥をかくことになるかも知れませ […]

最後に

私製はがきで喪中はがきを出すメリットは、切手の絵柄を自分で選べることや郵便番号の枠の色を選べることです。切手代が入っていないので、はがき代は官製はがきよりも安いです。弔事用の切手は郵便局でも買えますが、コンビニやショッピングモールのインフォメーションセンターなどでも取り扱っているところがあります。

パソコンを使って自分で喪中はがきを作成するのであれば、日本郵便が無料提供している「はがきデザインキット」があります。文面・背景・宛名印刷もでき、パソコンだけではなく、スマホにも対応していて便利です。

私製はがきは切手を貼る手間がありますが、宛名印刷のときに、料金別納のスタンプを一緒に印刷すると一辺に印刷することができます。喪中はがきだけではなく、届いたときの返事で出す喪中見舞いや寒中見舞いにも料金別納を使うことができます。



こんな記事もよく読まれています

親族に不幸があったときはどこまでが喪中はがきを出す範囲?

親族や身内に不幸があったとき、年末に発送準備をする年賀状を出すのではなく、喪中はがきを出さなくてはいけません。喪中はがきを準備するときに悩むのが、自分から見て「どこまでの範囲の人が亡くなったときに喪中はがきを出さないと行 […]

喪中はがきの挨拶文作成のポイントと無料の例文・文例

喪中はがきを送付するときに困るのが文面です。「喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます」などという文章がありますが、文面を書くときに注意点やポイントをしっかりと抑えておかないと、あとで恥をかくことになるかも知れませ […]

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶すること […]

喪中はがきのマナー|デザイン・写真・ペン・料金別納・コメント・句読点・横書き・書体・文面

喪中はがきは、年賀状と違い毎年出すことがないため、ルールやマナーについて知らないことが多いです。喪中はがきを出す時期は11月~12月上旬までに相手に届くようにします。その理由は、年賀状を作成する前に届くようにするためです […]

相手が喪中のとき結婚報告はがきを出す場合のマナー

結婚式を挙げた年に、相手から喪中はがきが届いたら、結婚報告はがきを送ってもいいのでしょうか?喪中ということは、身近な人が亡くなられて悲しんでいるので、華やかで満面の笑顔の写真、明るく派手め色使いの結婚報告はがきでは失礼に […]

喪中はがきで訃報を知ったときの香典やお悔やみの手紙の出し方

喪中はがきが送られてきた人に対しては、年賀状を送ることはしないで寒中見舞いとして挨拶をするのがマナーです。でも、家族葬などで身近な人しか呼ばない葬儀をすることが増え、亡くなったことを喪中はがきで知ることも多くなりました。 […]

喪中はがきの購入場所や方法|コンビニや郵便局など

家族や親族など身内が亡くなったときに、毎年年賀状をやり取りしている人に喪中はがきを9月頃~12月上旬までに送る必要があります。喪中はがきを購入することは滅多にないため、どこで売っているのか、購入することができるのか分から […]

喪中はがきで香典返し辞退をするときの文例

喪中はがきを出すと、葬儀をお知らせしていなかった人から香典が送られてくることがあります。香典を頂いたら、香典返しをしなければいけないので負担になることがあります。葬儀に来て頂いた方には、あらかじめお礼状とともに用意してお […]

喪中はがきにコメントを一言添えるときの文例・例文とマナー

喪中はがきを出すときの挨拶文は、ある程度決まっているので、定型文のまま送ることが多いと思いますが、喪中はがきに一言コメントを入れたいけど書いていいのか、失礼に当たらないのか、マナー違反にならないのか心配になりますよね。マ […]

郵便局で喪中はがきを準備する|はがき・切手・テンプレートなど

喪中はがきを用意するときに、どこで買い揃えたらいいのか考えると一番に思いつくのが郵便局です。郵便局で喪中はがきを準備するときは、裏面のデザインやイラスト、文面が印刷されているものと、はがきや切手を買って自分でパソコンで作 […]

喪中はがきを出す時期はいつがいいのか?送付・郵送マナー

喪中はがきは、近親者に不幸があったときに出すもので「新年の挨拶を失礼します」と挨拶状です。そのため、年賀状を作成する、書く前に届くように送るのがいいですが、いつからいつまでに出すべきなのか、12月中旬以降に不幸があったと […]

喪中はがきの宛名の書き方マナー|薄墨・字体・手書きなど

喪中はがきを出す人は、年賀状をやり取りしている人、年賀状を出そうと思っている人全員に出します。出すときには、相手の郵便番号・住所・氏名を書く宛名印刷が必要になります。この宛名印刷は、コンビニや印刷業者に依頼することもでき […]

喪中はがきの宛名・差出人・連名・続柄・住所の書き方

喪中はがきを出すとき、表面には送付する人の郵便番号・住所・名前(氏名)を書きますが、書くときの注意点やマナーがあります。意外と知らないことがあり、間違ったまま送付してしまうと恥をかくことになりますので、しっかりと確認して […]

喪中はがきを出すときの例文・文例集|岳父・岳母・死産・2人・家族葬・生前・密葬など

喪中はがきは、年賀欠礼状とも言われ、家族の誰かが亡くなったため、新年を祝うことをせずに喪に服しますという意味があります。裏面にイラストと文面が印刷された喪中はがき郵便局やコンビニ、文房具やスーパーなどで取り扱っているので […]

喪中はがき・切手の種類やマナー|買える場所や料金別納方法

喪中はがきを出すときに、切手が貼られていないハガキを使うことがあります。そのときに、喪中はがきに貼るべき切手の種類やマナーには、どんなことがあるのか知っていますか?葬式に参列してくれた人も含めて、年賀状を毎年出している人 […]

喪中はがきを出そうと思ったら相手も喪中だったときのマナー

身内に不幸があり、喪中はがきを出す時期の10月以降になるのを待っていました。そしたら、相手から先に喪中はがきが届きました。自分も喪中はがきを送ろうと思っていましたが、送ったほうがいいのか、送らないほうがいいのか・・・。喪 […]

喪中はがきの差出人の書き方マナー|家族連名・表・裏・子供の名前など

喪中はがきを出すとき、差出人の書き方について悩むことがあります。喪中はがきを送るとき、夫婦であったり、子供がいる家族であったりしますので、差出人に誰の名前を書いたらいいのか分からなくなります。差出人は表に書いたらいいのか […]

喪中はがきに写真を入れるときのマナー|デザイン・テンプレート

喪中はがきのデザインやイラストも多様化しており、オシャレなものやスタイリッシュなものが多くあります。文字のフォントも明朝体・行書体・楷書体を使うのがおすすめとされていますが、丸文字やゴシック体などを使った文字で挨拶文や宛 […]

結婚する年または結婚後に不幸!結婚報告はがきはどうする?【喪中はがき】

身内に、いつ不幸が訪れるかは分かりません。入院していて、病状が悪いときにはある程度わかることもありますが、突然に訪れることが多いです。そのため、幸せな結婚報告と、不幸があったときの喪中はがきを出すのが一緒の年に重なってし […]

郵便局で喪中はがきの返事・返信・お返しをするときの選び方

近親者に不幸があり、喪中はがきが送られてきました。喪中はがきをもらった人が取る行動は3つで「何もしない」「喪中見舞いを出す」「寒中見舞いを出す」です。喪中はがきが届いたからといって必ず返事をしないといけないという訳ではな […]

喪中はがきが受け取ったときの返事の書き方と例文|出す時期

喪中はがきは11月~12月の上旬ぐらいに届くことが多く、年賀状の準備をする前に送付されてくることが多いです。中には準備が遅くなり、12月中旬以降に喪中はがきが届くこともありますが、喪中はがきが届いたときに、どう対応したら […]

喪中はがきの続柄の書き方|表記例の早見一覧表

身内や親族の方が亡くなったときに喪中はがきを出しますが、挨拶文として記入するときに年齢や名前、続柄を入れるタイプのものが多いです。市販の喪中はがきは、定形文になっていて、入れたほうがいい年齢や名前、続柄は省かれています。 […]

喪中はがきの返信や返事をクリスマスカードでするのはマナー違反?

喪中はがきは12月中旬頃までに届き、一番近いクリスマスのときにクリスマスカードのメッセージとして返事や返信するのはどうなのでしょうか。かしこまった喪中見舞いや寒中見舞いよりも、クリスマスパーティーを開催するのであれば、そ […]