近親者に不幸があり、喪中はがきが送られてきました。喪中はがきをもらった人が取る行動は3つで「何もしない」「喪中見舞いを出す」「寒中見舞いを出す」です。喪中はがきが届いたからといって必ず返事をしないといけないという訳ではなく、返信やお返しをしなくてもマナー違反にはなりませんが、お悔やみの気持ちを伝えるために返信することが多いです。そこで返信するときに郵便局で選ぶことができるお悔やみのお返しや返信をするときの選び方をまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

喪中はがきの差出人の書き方マナー|家族連名・表・裏・子供の名前など

喪中はがきを出すとき、差出人の書き方について悩むことがあります。喪中はがきを送るとき、夫婦であったり、子供がいる家族であったりしますので、差出人に誰の名前を書いたらいいのか分からなくなります。差出人は表に書いたらいいのか […]

喪中はがきの宛名・差出人・連名・続柄・住所の書き方

喪中はがきを出すとき、表面には送付する人の郵便番号・住所・名前(氏名)を書きますが、書くときの注意点やマナーがあります。意外と知らないことがあり、間違ったまま送付してしまうと恥をかくことになりますので、しっかりと確認して […]

相手が喪中のとき結婚報告はがきを出す場合のマナー

結婚式を挙げた年に、相手から喪中はがきが届いたら、結婚報告はがきを送ってもいいのでしょうか?喪中ということは、身近な人が亡くなられて悲しんでいるので、華やかで満面の笑顔の写真、明るく派手め色使いの結婚報告はがきでは失礼に […]

喪中はがきを出すときの例文・文例集|岳父・岳母・死産・2人・家族葬・生前・密葬など

喪中はがきは、年賀欠礼状とも言われ、家族の誰かが亡くなったため、新年を祝うことをせずに喪に服しますという意味があります。裏面にイラストと文面が印刷された喪中はがき郵便局やコンビニ、文房具やスーパーなどで取り扱っているので […]

喪中はがきで香典返し辞退をするときの文例

喪中はがきを出すと、葬儀をお知らせしていなかった人から香典が送られてくることがあります。香典を頂いたら、香典返しをしなければいけないので負担になることがあります。葬儀に来て頂いた方には、あらかじめお礼状とともに用意してお […]

喪中はがきを出そうと思ったら相手も喪中だったときのマナー

身内に不幸があり、喪中はがきを出す時期の10月以降になるのを待っていました。そしたら、相手から先に喪中はがきが届きました。自分も喪中はがきを送ろうと思っていましたが、送ったほうがいいのか、送らないほうがいいのか・・・。喪 […]

喪中はがきを出す時期はいつがいいのか?送付・郵送マナー

喪中はがきは、近親者に不幸があったときに出すもので「新年の挨拶を失礼します」と挨拶状です。そのため、年賀状を作成する、書く前に届くように送るのがいいですが、いつからいつまでに出すべきなのか、12月中旬以降に不幸があったと […]

喪中はがきに写真を入れるときのマナー|デザイン・テンプレート

喪中はがきのデザインやイラストも多様化しており、オシャレなものやスタイリッシュなものが多くあります。文字のフォントも明朝体・行書体・楷書体を使うのがおすすめとされていますが、丸文字やゴシック体などを使った文字で挨拶文や宛 […]

喪中はがきにコメントを一言添えるときの文例・例文とマナー

喪中はがきを出すときの挨拶文は、ある程度決まっているので、定型文のまま送ることが多いと思いますが、喪中はがきに一言コメントを入れたいけど書いていいのか、失礼に当たらないのか、マナー違反にならないのか心配になりますよね。マ […]

喪中はがき・切手の種類やマナー|買える場所や料金別納方法

喪中はがきを出すときに、切手が貼られていないハガキを使うことがあります。そのときに、喪中はがきに貼るべき切手の種類やマナーには、どんなことがあるのか知っていますか?葬式に参列してくれた人も含めて、年賀状を毎年出している人 […]

喪中はがきの挨拶文作成のポイントと無料の例文・文例

喪中はがきを送付するときに困るのが文面です。「喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます」などという文章がありますが、文面を書くときに注意点やポイントをしっかりと抑えておかないと、あとで恥をかくことになるかも知れませ […]

喪中はがきの切手部分を郵便局の料金別納に|マナー違反?

喪中はがきを郵便局で購入するとき、切手を貼る場所に胡蝶蘭が印刷されているハガキになります。これであれば、すでに切手が印刷がされているので、切手を貼るという作業はありませんが、私製はがきの裏面にデザインと文面がすでに印刷さ […]

喪中はがきの続柄の書き方|表記例の早見一覧表

身内や親族の方が亡くなったときに喪中はがきを出しますが、挨拶文として記入するときに年齢や名前、続柄を入れるタイプのものが多いです。市販の喪中はがきは、定形文になっていて、入れたほうがいい年齢や名前、続柄は省かれています。 […]

喪中はがきが受け取ったときの返事の書き方と例文|出す時期

喪中はがきは11月~12月の上旬ぐらいに届くことが多く、年賀状の準備をする前に送付されてくることが多いです。中には準備が遅くなり、12月中旬以降に喪中はがきが届くこともありますが、喪中はがきが届いたときに、どう対応したら […]

喪中はがきのマナー|デザイン・写真・ペン・料金別納・コメント・句読点・横書き・書体・文面

喪中はがきは、年賀状と違い毎年出すことがないため、ルールやマナーについて知らないことが多いです。喪中はがきを出す時期は11月~12月上旬までに相手に届くようにします。その理由は、年賀状を作成する前に届くようにするためです […]

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶すること […]

喪中はがきの返信や返事をクリスマスカードでするのはマナー違反?

喪中はがきは12月中旬頃までに届き、一番近いクリスマスのときにクリスマスカードのメッセージとして返事や返信するのはどうなのでしょうか。かしこまった喪中見舞いや寒中見舞いよりも、クリスマスパーティーを開催するのであれば、そ […]

親族に不幸があったときはどこまでが喪中はがきを出す範囲?

親族や身内に不幸があったとき、年末に発送準備をする年賀状を出すのではなく、喪中はがきを出さなくてはいけません。喪中はがきを準備するときに悩むのが、自分から見て「どこまでの範囲の人が亡くなったときに喪中はがきを出さないと行 […]

喪中はがきで訃報を知ったときの香典やお悔やみの手紙の出し方

喪中はがきが送られてきた人に対しては、年賀状を送ることはしないで寒中見舞いとして挨拶をするのがマナーです。でも、家族葬などで身近な人しか呼ばない葬儀をすることが増え、亡くなったことを喪中はがきで知ることも多くなりました。 […]

結婚する年または結婚後に不幸!結婚報告はがきはどうする?【喪中はがき】

身内に、いつ不幸が訪れるかは分かりません。入院していて、病状が悪いときにはある程度わかることもありますが、突然に訪れることが多いです。そのため、幸せな結婚報告と、不幸があったときの喪中はがきを出すのが一緒の年に重なってし […]

喪中はがきの宛名の書き方マナー|薄墨・字体・手書きなど

喪中はがきを出す人は、年賀状をやり取りしている人、年賀状を出そうと思っている人全員に出します。出すときには、相手の郵便番号・住所・氏名を書く宛名印刷が必要になります。この宛名印刷は、コンビニや印刷業者に依頼することもでき […]

喪中はがきの購入場所や方法|コンビニや郵便局など

家族や親族など身内が亡くなったときに、毎年年賀状をやり取りしている人に喪中はがきを9月頃~12月上旬までに送る必要があります。喪中はがきを購入することは滅多にないため、どこで売っているのか、購入することができるのか分から […]

喪中はがきが届いたときの返信・返事のタイミングと時期は4つ

年賀状をやり取りしている人から喪中はがきが届きました。ついこの間、年賀状のやり取りをしたばかりだと思っていたのに、もう喪中はがきが届く時期になっていて、月日が経過するのがとても早く感じるようになりました。喪中はがきに書か […]

郵便局で喪中はがきを準備する|はがき・切手・テンプレートなど

喪中はがきを用意するときに、どこで買い揃えたらいいのか考えると一番に思いつくのが郵便局です。郵便局で喪中はがきを準備するときは、裏面のデザインやイラスト、文面が印刷されているものと、はがきや切手を買って自分でパソコンで作 […]

喪中はがきが届いたときは4つはいずれかの対応をする

喪中はがきが送られてきて、届いた人は4つの対応のいずれかをする必要があります。

1.何もしない
2.喪中見舞いを出す
3.寒中見舞いを出す
4.余寒見舞いを出す

喪中はがきの意味は、「年賀状を出さないで下さい」ということではなく、「年始のあいさつを失礼させていただきます」という挨拶状です。死亡通知と混同されている人もいますが、喪中はがきと死亡通知は別物です。喪中はがきの4つの対応について詳しく説明します。

1つ目は、喪中はがきが届いたら何もしない。年賀状も出さないし、お悔やみの手紙も出さないことを意味していますが、何の対応もしなくても失礼にはなりません。

2つ目は、喪中はがきが届いたらすぐお悔やみの言葉を伝えたいときに出す喪中見舞いです。喪中見舞いは年内に届くように出します。

3つ目は、松が外れた時期から節分くらいまで(1月5日~2月4日)に出す寒中見舞いで、喪中はがきをもらったお礼とお悔やみを伝えるはがきです。

4つ目は、寒中見舞いの期間を過ぎてしまってからお悔やみの気持ちを伝えるときの葉書で、温かい春になる前までに送ります。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

喪中はがき・切手の種類やマナー|買える場所や料金別納方法

喪中はがきを出すときに、切手が貼られていないハガキを使うことがあります。そのときに、喪中はがきに貼るべき切手の種類やマナーには、どんなことがあるのか知っていますか?葬式に参列してくれた人も含めて、年賀状を毎年出している人 […]

喪中はがきの宛名・差出人・連名・続柄・住所の書き方

喪中はがきを出すとき、表面には送付する人の郵便番号・住所・名前(氏名)を書きますが、書くときの注意点やマナーがあります。意外と知らないことがあり、間違ったまま送付してしまうと恥をかくことになりますので、しっかりと確認して […]

喪中はがきの購入場所や方法|コンビニや郵便局など

家族や親族など身内が亡くなったときに、毎年年賀状をやり取りしている人に喪中はがきを9月頃~12月上旬までに送る必要があります。喪中はがきを購入することは滅多にないため、どこで売っているのか、購入することができるのか分から […]

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶すること […]

相手が喪中のとき結婚報告はがきを出す場合のマナー

結婚式を挙げた年に、相手から喪中はがきが届いたら、結婚報告はがきを送ってもいいのでしょうか?喪中ということは、身近な人が亡くなられて悲しんでいるので、華やかで満面の笑顔の写真、明るく派手め色使いの結婚報告はがきでは失礼に […]

喪中はがきの宛名の書き方マナー|薄墨・字体・手書きなど

喪中はがきを出す人は、年賀状をやり取りしている人、年賀状を出そうと思っている人全員に出します。出すときには、相手の郵便番号・住所・氏名を書く宛名印刷が必要になります。この宛名印刷は、コンビニや印刷業者に依頼することもでき […]

喪中はがきで訃報を知ったときの香典やお悔やみの手紙の出し方

喪中はがきが送られてきた人に対しては、年賀状を送ることはしないで寒中見舞いとして挨拶をするのがマナーです。でも、家族葬などで身近な人しか呼ばない葬儀をすることが増え、亡くなったことを喪中はがきで知ることも多くなりました。 […]

郵便局で喪中はがきを準備する|はがき・切手・テンプレートなど

喪中はがきを用意するときに、どこで買い揃えたらいいのか考えると一番に思いつくのが郵便局です。郵便局で喪中はがきを準備するときは、裏面のデザインやイラスト、文面が印刷されているものと、はがきや切手を買って自分でパソコンで作 […]

結婚する年または結婚後に不幸!結婚報告はがきはどうする?【喪中はがき】

身内に、いつ不幸が訪れるかは分かりません。入院していて、病状が悪いときにはある程度わかることもありますが、突然に訪れることが多いです。そのため、幸せな結婚報告と、不幸があったときの喪中はがきを出すのが一緒の年に重なってし […]

喪中はがきの返信や返事をクリスマスカードでするのはマナー違反?

喪中はがきは12月中旬頃までに届き、一番近いクリスマスのときにクリスマスカードのメッセージとして返事や返信するのはどうなのでしょうか。かしこまった喪中見舞いや寒中見舞いよりも、クリスマスパーティーを開催するのであれば、そ […]

喪中はがきを出すときの例文・文例集|岳父・岳母・死産・2人・家族葬・生前・密葬など

喪中はがきは、年賀欠礼状とも言われ、家族の誰かが亡くなったため、新年を祝うことをせずに喪に服しますという意味があります。裏面にイラストと文面が印刷された喪中はがき郵便局やコンビニ、文房具やスーパーなどで取り扱っているので […]

喪中はがきの切手部分を郵便局の料金別納に|マナー違反?

喪中はがきを郵便局で購入するとき、切手を貼る場所に胡蝶蘭が印刷されているハガキになります。これであれば、すでに切手が印刷がされているので、切手を貼るという作業はありませんが、私製はがきの裏面にデザインと文面がすでに印刷さ […]

喪中はがきにコメントを一言添えるときの文例・例文とマナー

喪中はがきを出すときの挨拶文は、ある程度決まっているので、定型文のまま送ることが多いと思いますが、喪中はがきに一言コメントを入れたいけど書いていいのか、失礼に当たらないのか、マナー違反にならないのか心配になりますよね。マ […]

喪中はがきの挨拶文作成のポイントと無料の例文・文例

喪中はがきを送付するときに困るのが文面です。「喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます」などという文章がありますが、文面を書くときに注意点やポイントをしっかりと抑えておかないと、あとで恥をかくことになるかも知れませ […]

喪中はがきを出そうと思ったら相手も喪中だったときのマナー

身内に不幸があり、喪中はがきを出す時期の10月以降になるのを待っていました。そしたら、相手から先に喪中はがきが届きました。自分も喪中はがきを送ろうと思っていましたが、送ったほうがいいのか、送らないほうがいいのか・・・。喪 […]

喪中はがきに写真を入れるときのマナー|デザイン・テンプレート

喪中はがきのデザインやイラストも多様化しており、オシャレなものやスタイリッシュなものが多くあります。文字のフォントも明朝体・行書体・楷書体を使うのがおすすめとされていますが、丸文字やゴシック体などを使った文字で挨拶文や宛 […]

喪中はがきが受け取ったときの返事の書き方と例文|出す時期

喪中はがきは11月~12月の上旬ぐらいに届くことが多く、年賀状の準備をする前に送付されてくることが多いです。中には準備が遅くなり、12月中旬以降に喪中はがきが届くこともありますが、喪中はがきが届いたときに、どう対応したら […]

喪中はがきが届いたときの返信・返事のタイミングと時期は4つ

年賀状をやり取りしている人から喪中はがきが届きました。ついこの間、年賀状のやり取りをしたばかりだと思っていたのに、もう喪中はがきが届く時期になっていて、月日が経過するのがとても早く感じるようになりました。喪中はがきに書か […]

喪中はがきを出す時期はいつがいいのか?送付・郵送マナー

喪中はがきは、近親者に不幸があったときに出すもので「新年の挨拶を失礼します」と挨拶状です。そのため、年賀状を作成する、書く前に届くように送るのがいいですが、いつからいつまでに出すべきなのか、12月中旬以降に不幸があったと […]

喪中はがきのマナー|デザイン・写真・ペン・料金別納・コメント・句読点・横書き・書体・文面

喪中はがきは、年賀状と違い毎年出すことがないため、ルールやマナーについて知らないことが多いです。喪中はがきを出す時期は11月~12月上旬までに相手に届くようにします。その理由は、年賀状を作成する前に届くようにするためです […]

喪中はがきの差出人の書き方マナー|家族連名・表・裏・子供の名前など

喪中はがきを出すとき、差出人の書き方について悩むことがあります。喪中はがきを送るとき、夫婦であったり、子供がいる家族であったりしますので、差出人に誰の名前を書いたらいいのか分からなくなります。差出人は表に書いたらいいのか […]

親族に不幸があったときはどこまでが喪中はがきを出す範囲?

親族や身内に不幸があったとき、年末に発送準備をする年賀状を出すのではなく、喪中はがきを出さなくてはいけません。喪中はがきを準備するときに悩むのが、自分から見て「どこまでの範囲の人が亡くなったときに喪中はがきを出さないと行 […]

喪中はがきの続柄の書き方|表記例の早見一覧表

身内や親族の方が亡くなったときに喪中はがきを出しますが、挨拶文として記入するときに年齢や名前、続柄を入れるタイプのものが多いです。市販の喪中はがきは、定形文になっていて、入れたほうがいい年齢や名前、続柄は省かれています。 […]

喪中はがきで香典返し辞退をするときの文例

喪中はがきを出すと、葬儀をお知らせしていなかった人から香典が送られてくることがあります。香典を頂いたら、香典返しをしなければいけないので負担になることがあります。葬儀に来て頂いた方には、あらかじめお礼状とともに用意してお […]

喪中はがきはいつまでに返事をするべき(返信の時期)

喪中はがきを出す時期は、年賀状が投函される前に届くように送られてきますので、早ければ10月頃から届き、11月~12月上旬に掛けて届きます。郵便局やコンビニなどで喪中はがきの印刷受付やハガキが販売されるのが9月からなので、早い人だと9月に送られてくることもあります。早めに届けば年賀状を作ってしまったという無駄なハガキ印刷をしなくて済みます。

9月に届こうが12月初旬に届こうが、上記で紹介したように送られてきたら対応する方法は4つです。何もしないのであれば返信することが無いので、他の喪中見舞いと寒中見舞いの返信時期について確認しておきます。

・喪中見舞いは届いてから12月31日までに送る

・寒中見舞いは1月5日~2月4日の間に送る

・寒中見舞い以降に送るなら余寒見舞いとして送る

と、お悔やみの返事を送る期間により、出す名前が違ってきます。

最近では、喪中はがきで身内にご不幸があったことを知ることも多くなり、喪中はがきが届いたら、お悔やみの言葉をすぐに送りたい、香典や線香など送ってお供えして欲しい考えることも多くなりました。喪中はがきが届いたら、すぐにお悔やみの言葉を伝えたいというときは、喪中見舞いを出します。喪中見舞いは季節を問わずの出すことが出来ますが、一般的には年が明ける前までに出すものを喪中見舞いとし、年が明けてから出すものを寒中見舞いとしています。

喪中見舞いを出すのに、喪中はがきが送られてきたのが9月なのに12月に出すというのは届いてからの期間が空きすぎているため、この場合は、寒中見舞いとしてお悔やみの気持ちを伝えたほうがいいです。喪中見舞い出すのであれば、喪中はがきが届いてから1ヶ月以内に送付することが望ましいとされています。

寒中見舞いの期間に送ることができなかったというときは、余寒見舞いにします。寒さが残る時期までなので、春になったら余寒見舞いは使いません。あまり返事が遅くなるのも良くないので寒さの残る時期までに返事を出すようにしましょう。

郵便局に喪中はがきの返信用はあるの?

喪中はがきの返事は、喪中見舞いや寒中見舞い、余寒見舞いなどがあります。郵便局では、時期になると背景のデザインと挨拶文が入った葉書が販売されます。期間限定になるので、いつでも買えるという訳ではありませんが、時期になればWEBまたは窓口で購入することができます。

挨拶文入り私製喪中見舞いはがきと文面

110-1

郵便局で売られている挨拶文入り私製喪中見舞いはがきは、絵柄は毎年変更されますが、落ち着いた絵柄の背景が多く、菊をモチーフにしたはがきは薄い色で川を描き、さまざまな色のモミジが流れています。その川沿いに大小の菊が描かれています。あじさいの背景は、はがきの上部から垂れ下がるように花が描かれており、濃い青から花弁の先がほんのりピンクに染まった色合いの美しいはがきです。あじさいに寄り添うように飛ぶ蝶々が良い味を出しています。

【文面1】

このたびは ご丁寧なご挨拶状をいただき
ありがとうございました
さぞお寂しい時をお過ごしのことと存じます
どうぞお体に気を付けて
新しい年をお迎えくださいますよう
お祈り申し上げます

【文面2】

喪中お見舞い申し上げます
このたびはご丁寧なご挨拶をいただき
ありがとうございました
新年が穏やかな年でありますよう
心よりお祈りいたします

挨拶文入り私製寒中見舞いはがきと文面

110-2

喪中はがきが届いたら年明けに寒中見舞いを出すこともありますが、郵便局に背景とあいさつ文が入ったはがきがあります。梅の絵柄の寒中見舞いはがきは、ハガキ上部に梅の枝が差し掛けられていて薄い雲が流れる青空を背景にしています。固いつぼみからほころんでいく梅は春の訪れを感じます。もう一つの背景は菜の花をハガキの下に描いたものです。水彩画のように優しくにじんだ色彩が薄墨のような悲しみを表現しているようです。

【文面1】

寒中見舞い申し上げます
春の訪れが待ち遠しい今日この頃ですが
皆さまお変わりありませんか
昨年中はたいへんお世話になりました
今年もよろしくお願いいたします

【文面2】

寒中お見舞い申し上げます
寒さ厳しき折いかがお過ごしでしょうか 私ども
お陰様にて風邪などひかず元気に暮らしております
本年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます

寒中・余寒見舞いはがき

110-3

喪中はがきを受け取ったらすぐ返信する喪中見舞いと、年が明けて松が外れてから出す寒中見舞いがあります。1月5日から2月4日頃までに出すものをいいます。小寒と大寒の間に出すので寒中です。立春を過ぎると寒中ではなくなるので、この場合は余寒見舞いを使用します。寒さが残る時期までに使うので、春になったら使えません。

郵便局には、スタンダードデザインとカジュアルデザインがあるので相手に失礼のない程度のデザインを選びましょう。目上の人にあまりカジュアルすぎる喪中はがきの返事を出すよりは落ち着いた背景を選んだ方が無難です。友人でしたら多少遊び心があっても良いですが、悲しみの中にある人にふさわしいか考えて選びましょう。

【文面】

寒中見舞い申し上げます
ご丁寧なお年始状をいただき誠にありがとうございました
昨年喪中のため念頭のご挨拶を控えさせていただきました
暖かな春の訪れまでもう少し
皆様ご自愛くださいますようお祈り申し上げます

喪中はがきの返信用宛名印刷の方法

郵便局の宛名印刷は総合印刷サービスで印刷することができますが、宛名印刷だけを注文することは出来ませんので、裏書きのデザインや例文を選んでから、喪中はがき印刷を注文するときに、オプションとして宛名印刷を追加依頼することができます。

宛名印刷は会員限定のサービスですので、会員登録することが必要です。会員登録は無料ですし、寒中見舞いや喪中見舞いだけでなく、ダイレクトメールや年賀状を郵便局で印刷注文するときにも使えますので便利です。

日本郵政からダウンロードすることができるはがきデザインキットを使うと、はがきの作成や宛名印刷を簡単に作ることが出来ます。無料テンプレートをダウンロードして、家のパソコンやスマホで作成し、自宅のプリンターで印刷することで宛名印刷することもできます。

郵便局の喪中・寒中・余寒はがき

郵便局限定お線香セットのお悔やみ

110-4

喪中はがきが送られてきてから、その方のご不幸を知り、お葬式は終わってしまっているけど、お悔やみの気持ちを伝えたいというとき、どうやってその気持ちを伝えたら良いのか分からないという声も多いです。

そんなときに利用したいサービスがお線香たよりです。郵便局限定のお線香セットで、日本香堂のお線香とお悔やみカードが付いており、お線香だけを送るより丁寧な対応になります。お線香2箱と包み箱、お悔やみのカードがセットになっている翠麗という商品の金額は1,000円程度と、意外と安いので、送る方としての負担も少なく済みます。送付する際には250円の切手を貼るだけで送ることができます。

お線香だけでなく、ご霊前や御怫前を送りたい方にも利用できるようになっています。現金を送る場合は、定型外現金書留として送るので切手の値段が変わってきますが、郵便局の店頭に行って現金が入っていることを伝えれば、その場で計算してもらえます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

喪中はがきが受け取ったときの返事の書き方と例文|出す時期

喪中はがきは11月~12月の上旬ぐらいに届くことが多く、年賀状の準備をする前に送付されてくることが多いです。中には準備が遅くなり、12月中旬以降に喪中はがきが届くこともありますが、喪中はがきが届いたときに、どう対応したら […]

喪中はがきのマナー|デザイン・写真・ペン・料金別納・コメント・句読点・横書き・書体・文面

喪中はがきは、年賀状と違い毎年出すことがないため、ルールやマナーについて知らないことが多いです。喪中はがきを出す時期は11月~12月上旬までに相手に届くようにします。その理由は、年賀状を作成する前に届くようにするためです […]

結婚する年または結婚後に不幸!結婚報告はがきはどうする?【喪中はがき】

身内に、いつ不幸が訪れるかは分かりません。入院していて、病状が悪いときにはある程度わかることもありますが、突然に訪れることが多いです。そのため、幸せな結婚報告と、不幸があったときの喪中はがきを出すのが一緒の年に重なってし […]

喪中はがきの切手部分を郵便局の料金別納に|マナー違反?

喪中はがきを郵便局で購入するとき、切手を貼る場所に胡蝶蘭が印刷されているハガキになります。これであれば、すでに切手が印刷がされているので、切手を貼るという作業はありませんが、私製はがきの裏面にデザインと文面がすでに印刷さ […]

喪中はがきを出す時期はいつがいいのか?送付・郵送マナー

喪中はがきは、近親者に不幸があったときに出すもので「新年の挨拶を失礼します」と挨拶状です。そのため、年賀状を作成する、書く前に届くように送るのがいいですが、いつからいつまでに出すべきなのか、12月中旬以降に不幸があったと […]

喪中はがきで訃報を知ったときの香典やお悔やみの手紙の出し方

喪中はがきが送られてきた人に対しては、年賀状を送ることはしないで寒中見舞いとして挨拶をするのがマナーです。でも、家族葬などで身近な人しか呼ばない葬儀をすることが増え、亡くなったことを喪中はがきで知ることも多くなりました。 […]

親族に不幸があったときはどこまでが喪中はがきを出す範囲?

親族や身内に不幸があったとき、年末に発送準備をする年賀状を出すのではなく、喪中はがきを出さなくてはいけません。喪中はがきを準備するときに悩むのが、自分から見て「どこまでの範囲の人が亡くなったときに喪中はがきを出さないと行 […]

喪中はがきを出すときの例文・文例集|岳父・岳母・死産・2人・家族葬・生前・密葬など

喪中はがきは、年賀欠礼状とも言われ、家族の誰かが亡くなったため、新年を祝うことをせずに喪に服しますという意味があります。裏面にイラストと文面が印刷された喪中はがき郵便局やコンビニ、文房具やスーパーなどで取り扱っているので […]

喪中はがきに写真を入れるときのマナー|デザイン・テンプレート

喪中はがきのデザインやイラストも多様化しており、オシャレなものやスタイリッシュなものが多くあります。文字のフォントも明朝体・行書体・楷書体を使うのがおすすめとされていますが、丸文字やゴシック体などを使った文字で挨拶文や宛 […]

相手が喪中のとき結婚報告はがきを出す場合のマナー

結婚式を挙げた年に、相手から喪中はがきが届いたら、結婚報告はがきを送ってもいいのでしょうか?喪中ということは、身近な人が亡くなられて悲しんでいるので、華やかで満面の笑顔の写真、明るく派手め色使いの結婚報告はがきでは失礼に […]

喪中はがきの返信や返事をクリスマスカードでするのはマナー違反?

喪中はがきは12月中旬頃までに届き、一番近いクリスマスのときにクリスマスカードのメッセージとして返事や返信するのはどうなのでしょうか。かしこまった喪中見舞いや寒中見舞いよりも、クリスマスパーティーを開催するのであれば、そ […]

喪中はがき・切手の種類やマナー|買える場所や料金別納方法

喪中はがきを出すときに、切手が貼られていないハガキを使うことがあります。そのときに、喪中はがきに貼るべき切手の種類やマナーには、どんなことがあるのか知っていますか?葬式に参列してくれた人も含めて、年賀状を毎年出している人 […]

喪中はがきで香典返し辞退をするときの文例

喪中はがきを出すと、葬儀をお知らせしていなかった人から香典が送られてくることがあります。香典を頂いたら、香典返しをしなければいけないので負担になることがあります。葬儀に来て頂いた方には、あらかじめお礼状とともに用意してお […]

喪中はがきの宛名の書き方マナー|薄墨・字体・手書きなど

喪中はがきを出す人は、年賀状をやり取りしている人、年賀状を出そうと思っている人全員に出します。出すときには、相手の郵便番号・住所・氏名を書く宛名印刷が必要になります。この宛名印刷は、コンビニや印刷業者に依頼することもでき […]

喪中はがきの続柄の書き方|表記例の早見一覧表

身内や親族の方が亡くなったときに喪中はがきを出しますが、挨拶文として記入するときに年齢や名前、続柄を入れるタイプのものが多いです。市販の喪中はがきは、定形文になっていて、入れたほうがいい年齢や名前、続柄は省かれています。 […]

喪中はがきの購入場所や方法|コンビニや郵便局など

家族や親族など身内が亡くなったときに、毎年年賀状をやり取りしている人に喪中はがきを9月頃~12月上旬までに送る必要があります。喪中はがきを購入することは滅多にないため、どこで売っているのか、購入することができるのか分から […]

喪中はがきの差出人の書き方マナー|家族連名・表・裏・子供の名前など

喪中はがきを出すとき、差出人の書き方について悩むことがあります。喪中はがきを送るとき、夫婦であったり、子供がいる家族であったりしますので、差出人に誰の名前を書いたらいいのか分からなくなります。差出人は表に書いたらいいのか […]

喪中はがきの挨拶文作成のポイントと無料の例文・文例

喪中はがきを送付するときに困るのが文面です。「喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます」などという文章がありますが、文面を書くときに注意点やポイントをしっかりと抑えておかないと、あとで恥をかくことになるかも知れませ […]

喪中はがきが届いたときの返信・返事のタイミングと時期は4つ

年賀状をやり取りしている人から喪中はがきが届きました。ついこの間、年賀状のやり取りをしたばかりだと思っていたのに、もう喪中はがきが届く時期になっていて、月日が経過するのがとても早く感じるようになりました。喪中はがきに書か […]

喪中はがきにコメントを一言添えるときの文例・例文とマナー

喪中はがきを出すときの挨拶文は、ある程度決まっているので、定型文のまま送ることが多いと思いますが、喪中はがきに一言コメントを入れたいけど書いていいのか、失礼に当たらないのか、マナー違反にならないのか心配になりますよね。マ […]

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶すること […]

喪中はがきを出そうと思ったら相手も喪中だったときのマナー

身内に不幸があり、喪中はがきを出す時期の10月以降になるのを待っていました。そしたら、相手から先に喪中はがきが届きました。自分も喪中はがきを送ろうと思っていましたが、送ったほうがいいのか、送らないほうがいいのか・・・。喪 […]

郵便局で喪中はがきを準備する|はがき・切手・テンプレートなど

喪中はがきを用意するときに、どこで買い揃えたらいいのか考えると一番に思いつくのが郵便局です。郵便局で喪中はがきを準備するときは、裏面のデザインやイラスト、文面が印刷されているものと、はがきや切手を買って自分でパソコンで作 […]

喪中はがきの宛名・差出人・連名・続柄・住所の書き方

喪中はがきを出すとき、表面には送付する人の郵便番号・住所・名前(氏名)を書きますが、書くときの注意点やマナーがあります。意外と知らないことがあり、間違ったまま送付してしまうと恥をかくことになりますので、しっかりと確認して […]

最後に

郵便局に売ってる背景や文面が入っている喪中見舞いや寒中見舞いを利用すると簡単に返事を送ることが出来ます。自作するときは、はがきデザインキットを利用するとスマホからでも作成できるので便利です。切手が印刷されていない私製はがきを使うときは切手を貼るか、料金別納のスタンプを印刷して近くの郵便局でまとめて一括支払いすることもできます。

喪中はがきが届いたら何もしないか喪中見舞いを出すか寒中見舞いを出すかを自分で選びます。喪中はがきでご不幸を知った時はお葬式に行けなかったのでお供えに線香や香典など送ることが多いです。

喪中はがきの返信は、相手の年代によって受け取り方が違います。年配者はお葬式に参列していればお悔やみの気持ちを伝える寒中見舞いや喪中見舞いを出すことが多く、お葬式に参列していなければ、お線香セットなどのお悔やみを送ることが多いです。でも、若い人は、送らなくてもいいのなら、何もしないという選択をする人が多いです。

個人的には、人と人はつながりだったり、縁だったりが大事だと思うので、形式的なことかも知れませんが返事を出しておくほうが良いと思います。



こんな記事もよく読まれています

喪中はがきの宛名・差出人・連名・続柄・住所の書き方

喪中はがきを出すとき、表面には送付する人の郵便番号・住所・名前(氏名)を書きますが、書くときの注意点やマナーがあります。意外と知らないことがあり、間違ったまま送付してしまうと恥をかくことになりますので、しっかりと確認して […]

喪中はがきが届いたときの返信・返事のタイミングと時期は4つ

年賀状をやり取りしている人から喪中はがきが届きました。ついこの間、年賀状のやり取りをしたばかりだと思っていたのに、もう喪中はがきが届く時期になっていて、月日が経過するのがとても早く感じるようになりました。喪中はがきに書か […]

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶すること […]

喪中はがきの続柄の書き方|表記例の早見一覧表

身内や親族の方が亡くなったときに喪中はがきを出しますが、挨拶文として記入するときに年齢や名前、続柄を入れるタイプのものが多いです。市販の喪中はがきは、定形文になっていて、入れたほうがいい年齢や名前、続柄は省かれています。 […]

喪中はがき・切手の種類やマナー|買える場所や料金別納方法

喪中はがきを出すときに、切手が貼られていないハガキを使うことがあります。そのときに、喪中はがきに貼るべき切手の種類やマナーには、どんなことがあるのか知っていますか?葬式に参列してくれた人も含めて、年賀状を毎年出している人 […]

喪中はがきに写真を入れるときのマナー|デザイン・テンプレート

喪中はがきのデザインやイラストも多様化しており、オシャレなものやスタイリッシュなものが多くあります。文字のフォントも明朝体・行書体・楷書体を使うのがおすすめとされていますが、丸文字やゴシック体などを使った文字で挨拶文や宛 […]

喪中はがきが受け取ったときの返事の書き方と例文|出す時期

喪中はがきは11月~12月の上旬ぐらいに届くことが多く、年賀状の準備をする前に送付されてくることが多いです。中には準備が遅くなり、12月中旬以降に喪中はがきが届くこともありますが、喪中はがきが届いたときに、どう対応したら […]

喪中はがきの購入場所や方法|コンビニや郵便局など

家族や親族など身内が亡くなったときに、毎年年賀状をやり取りしている人に喪中はがきを9月頃~12月上旬までに送る必要があります。喪中はがきを購入することは滅多にないため、どこで売っているのか、購入することができるのか分から […]

相手が喪中のとき結婚報告はがきを出す場合のマナー

結婚式を挙げた年に、相手から喪中はがきが届いたら、結婚報告はがきを送ってもいいのでしょうか?喪中ということは、身近な人が亡くなられて悲しんでいるので、華やかで満面の笑顔の写真、明るく派手め色使いの結婚報告はがきでは失礼に […]

喪中はがきの返信や返事をクリスマスカードでするのはマナー違反?

喪中はがきは12月中旬頃までに届き、一番近いクリスマスのときにクリスマスカードのメッセージとして返事や返信するのはどうなのでしょうか。かしこまった喪中見舞いや寒中見舞いよりも、クリスマスパーティーを開催するのであれば、そ […]

喪中はがきで香典返し辞退をするときの文例

喪中はがきを出すと、葬儀をお知らせしていなかった人から香典が送られてくることがあります。香典を頂いたら、香典返しをしなければいけないので負担になることがあります。葬儀に来て頂いた方には、あらかじめお礼状とともに用意してお […]

喪中はがきの差出人の書き方マナー|家族連名・表・裏・子供の名前など

喪中はがきを出すとき、差出人の書き方について悩むことがあります。喪中はがきを送るとき、夫婦であったり、子供がいる家族であったりしますので、差出人に誰の名前を書いたらいいのか分からなくなります。差出人は表に書いたらいいのか […]

喪中はがきにコメントを一言添えるときの文例・例文とマナー

喪中はがきを出すときの挨拶文は、ある程度決まっているので、定型文のまま送ることが多いと思いますが、喪中はがきに一言コメントを入れたいけど書いていいのか、失礼に当たらないのか、マナー違反にならないのか心配になりますよね。マ […]

喪中はがきを出そうと思ったら相手も喪中だったときのマナー

身内に不幸があり、喪中はがきを出す時期の10月以降になるのを待っていました。そしたら、相手から先に喪中はがきが届きました。自分も喪中はがきを送ろうと思っていましたが、送ったほうがいいのか、送らないほうがいいのか・・・。喪 […]

喪中はがきを出すときの例文・文例集|岳父・岳母・死産・2人・家族葬・生前・密葬など

喪中はがきは、年賀欠礼状とも言われ、家族の誰かが亡くなったため、新年を祝うことをせずに喪に服しますという意味があります。裏面にイラストと文面が印刷された喪中はがき郵便局やコンビニ、文房具やスーパーなどで取り扱っているので […]

喪中はがきのマナー|デザイン・写真・ペン・料金別納・コメント・句読点・横書き・書体・文面

喪中はがきは、年賀状と違い毎年出すことがないため、ルールやマナーについて知らないことが多いです。喪中はがきを出す時期は11月~12月上旬までに相手に届くようにします。その理由は、年賀状を作成する前に届くようにするためです […]

喪中はがきで訃報を知ったときの香典やお悔やみの手紙の出し方

喪中はがきが送られてきた人に対しては、年賀状を送ることはしないで寒中見舞いとして挨拶をするのがマナーです。でも、家族葬などで身近な人しか呼ばない葬儀をすることが増え、亡くなったことを喪中はがきで知ることも多くなりました。 […]

郵便局で喪中はがきを準備する|はがき・切手・テンプレートなど

喪中はがきを用意するときに、どこで買い揃えたらいいのか考えると一番に思いつくのが郵便局です。郵便局で喪中はがきを準備するときは、裏面のデザインやイラスト、文面が印刷されているものと、はがきや切手を買って自分でパソコンで作 […]

喪中はがきの挨拶文作成のポイントと無料の例文・文例

喪中はがきを送付するときに困るのが文面です。「喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます」などという文章がありますが、文面を書くときに注意点やポイントをしっかりと抑えておかないと、あとで恥をかくことになるかも知れませ […]

喪中はがきの切手部分を郵便局の料金別納に|マナー違反?

喪中はがきを郵便局で購入するとき、切手を貼る場所に胡蝶蘭が印刷されているハガキになります。これであれば、すでに切手が印刷がされているので、切手を貼るという作業はありませんが、私製はがきの裏面にデザインと文面がすでに印刷さ […]

結婚する年または結婚後に不幸!結婚報告はがきはどうする?【喪中はがき】

身内に、いつ不幸が訪れるかは分かりません。入院していて、病状が悪いときにはある程度わかることもありますが、突然に訪れることが多いです。そのため、幸せな結婚報告と、不幸があったときの喪中はがきを出すのが一緒の年に重なってし […]

喪中はがきを出す時期はいつがいいのか?送付・郵送マナー

喪中はがきは、近親者に不幸があったときに出すもので「新年の挨拶を失礼します」と挨拶状です。そのため、年賀状を作成する、書く前に届くように送るのがいいですが、いつからいつまでに出すべきなのか、12月中旬以降に不幸があったと […]

喪中はがきの宛名の書き方マナー|薄墨・字体・手書きなど

喪中はがきを出す人は、年賀状をやり取りしている人、年賀状を出そうと思っている人全員に出します。出すときには、相手の郵便番号・住所・氏名を書く宛名印刷が必要になります。この宛名印刷は、コンビニや印刷業者に依頼することもでき […]

親族に不幸があったときはどこまでが喪中はがきを出す範囲?

親族や身内に不幸があったとき、年末に発送準備をする年賀状を出すのではなく、喪中はがきを出さなくてはいけません。喪中はがきを準備するときに悩むのが、自分から見て「どこまでの範囲の人が亡くなったときに喪中はがきを出さないと行 […]